翌日の髪のスタイリングが変わる!正しいアウトバスの選び方と効率のいい髪の乾かし方

翌日の髪のスタイリングが変わる!正しいアウトバスの選び方と効率のいい髪の乾かし方

こんにちは、最近YouTubeでお笑いを見るのにハマってて、スタッフルームでたまに思い出し笑いしてるところをスタッフに見られて気味悪がられてる名古屋矢場町美容室THE ORDERスタイリストの石川です。

今もニヤつきながらブログ書いてるわけですが、内容は真面目に!

今回もヘアケアについて書こうと思います。

前回の記事に続いて髪の効率のいい乾かし方と乾かす前につけるアウトバスのトリートメントの選び方について説明します。

まずはこちらの記事をご覧ください→お風呂上がりにドライヤーせずに寝るのは超危険!髪を乾かすべき3つの理由

読んでいただくと髪を乾かすのがいかに大切かお分かり頂けるとと思います。

今回は乾かす前につけるアウトバスと乾かし方について紹介します。

まずは

アウトバスのトリートメントの選び方

みなさん乾かす前にアウトバスのトリートメントは何を使われてますか??

お客様にもよくお聞きしますが、大抵の方はオイルを使われてる方が多いように思います。

ここで整理したいのですが

オイル=油

油は水と混ざらないですよね??即ちオイルのアウトバスは髪の内部に水分やタンパク質などの栄養がしっかり残ってる場合、上からオイルをつける事で髪内部の水分や栄養の保護になり効果的ですが、

カラーやパーマを繰り返したダメージでパサついてる髪にオイルだけをつける事はあまり効果がありません。

髪がパサつく原因は、アルカリの科学ダメージや外部からの摩擦による物理的ダメージによってキューティクルがはがれてしまいます。

すると髪内部の栄養や脂質、水分が流出してしまいパサついた髪になってしまうんですね。

なのでダメージした髪にオイルだけをつけるのは何もないところにフタをするのに等しいわけです。

ではダメージしてる髪には何がおすすめかというと

クリーム、乳液タイプなどの髪に直接脂質や水分を補給させるアウトバスです。

それをつけた上でオイルをつけるのがダメージしてる髪には最も効果的です。

ただこれはあくまで市販品を使用した場合の説明です。

サロン専売品のアウトバスにはオイルタイプでもダメージケアに効果のある商品もあったり、くせ毛、乾燥毛、ハイダメージ、熱ダメージで硬くなってしまった髪など様々な髪のお悩みにピンポイントで効果のある商品もあります。

ご自分がお使いのアウトバスが合ってるか気になる場合は担当の美容師さんに聞いてみてもいいかもしれません。

効率のいい髪の乾かし方

続いて髪の乾かし方について説明します。

髪は長くなれば長くなるほどなんとなく乾かすだけでは時間がかかるようになってしまいます。

そこでなるべく時間短縮をしつつ翌日のスタイリングがやりやすくなる乾かし方を説明しますね。

1、ドライヤーをする前にタオルでしっかり水分を拭き取る

まずドライヤーをする前にしっかり髪の水分を拭き取るようにしましょう。

名古屋 ストレートパーマ

髪をある程度タオルで拭いたあとにクシを通すと毛先に水分が集まってくるので、コーミングした後に毛先をにもう1度タオルドライすると効果的ですよ。

髪がべたべたに濡れたままドライヤーを始めるとそれだけでかかる時間は伸びてしまいます。

まずはしっかりとタオルドライをするようにして下さい。

毛先の水分をふきとったら髪にアウトバスのトリートメントをつけてドライヤーを当てましょう。

2、最初に前髪と分け目を乾かす

乾かしはじめたらまずはわかれやすい前髪に風をあてて下さい。

根元がしっかり濡れてる状態で別れやすい生えグセの部分を指でこすりながら風を当てると生えグセが抑えられます。

前髪を乾かしたら、今度はトップの分け目の部分を同じようにこすりながら風を当てるとふんわりとボリュームのあるスタイリングがやりやすくなります。

髪の乾かし方 ふんわり スタイリング簡単

いつも髪型がペタンコになってしまう方は乾かし方を見直してみるといいかもしれません。

3、根元を乾かしてから毛先を乾かす。

最初に毛先に風を当てると中の方が湿ったまま毛先が乾いてる、さらにドライヤーを当ててしまう事で髪がオーバードライになってしまいます。

なので前髪と分け目を乾かしたら同じ要領で根元を指で優しくこすりながら(髪は濡れてる状態は摩擦のダメージを受けやすくなるので優しくがポイントです)風を当ててください。

特に後ろの首の上や耳の上の根元の部分は濡れたままになりやすいので最初にしっかり乾かしてください。

乾かす時に下を向いて後ろからドライヤーを当てると根元は乾きやすくなります

根元がある程度乾いたら毛先を乾かしましょう。

ちなみにキューティクルはうろこ状になってるので根元から毛先の方向に指を通しながら風を当てるとツヤがでる仕上がりになります。

まとめ

以上アウトバスの選び方と乾かし方についてでした。

乾かし方を見直すだけで髪が綺麗になったり翌日のスタイリングがやりやすくなったりします。

是非試して見てくださいね。

それでは!

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ヘアケアカテゴリの最新記事