ブリーチで頭皮が痛い、しみる時の対策!ホワイトブリーチやハイトーンカラーなどのブリーチを使う施術で頭皮がしみない為に行ってる事と事前にやっておいた方がいい事

ブリーチで頭皮が痛い、しみる時の対策!ホワイトブリーチやハイトーンカラーなどのブリーチを使う施術で頭皮がしみない為に行ってる事と事前にやっておいた方がいい事

こんにちは、iPhoneを新機種にするかこのまま古いのを使うか朝から脳内で会議が行われてる名古屋矢場町美容室THE ORDERスタイリストの石川です。

今回はホワイトブリーチなどのハイトーンカラーをするにあたって頭皮がしみないように最近心がけてることを紹介します。

ブリーチで頭皮が痛い、しみる時の対策!ホワイトブリーチやハイトーンカラーなどのブリーチを使う施術で頭皮がしみない為に行ってる事と事前にやっておいた方がいい事

ブリーチを伴うハイトーンカラーをするにあたりついてまわる事

それは

頭皮がしみる

ブリーチをされた方は経験あるのではないでしょうか!?

名古屋 ハイトーン ホワイトブリーチ 得意 上手 リタッチ リタッチブリーチ

特にホワイトブリーチなどのブリーチを複数回重ねる時はもう拷問に耐えるような感覚になりますよね!

頭皮がしみるのは施術するこちらとしてもお気の毒に感じ、ただただ応援するしかないのですが、、

なるべくしみないように施術の際に心がけてることもあります。

今回は頭皮をしみるのを防ぐために行ってることを、ブリーチを3回行うホワイトブリーチの施術過程をもとに紹介します。

Before

黒髪からシルバーに!

3回のブリーチとオンカラーという頭皮にも負担の大きい施術内容。

ここでまずこちら

ブリーチオンカラーの必需品頭皮用の保護スプレーをしっかり頭皮につけます。

これで頭皮のダメージは軽減されます。

次に

頭皮につけるブリーチを極力減らす。

まず1回目のブリーチ

1回目は根元に一切つけません。

2回目のブリーチ

2回目で根元にもブリーチを塗布します。

そして3回目

3回目も根元はつけてません。

毛先は3回の塗布に対して根元は1回です!それだと根元は明るくならないんじゃないかと思うかもしれませんが

いかがでしょう!?

根元もしっかり明るくなりました。

根元から1cm以内は体温で明るくなりやすいのを利用したブリーチテクニック。

こうすることで頭皮がしみにくいのはもちろん根元の毛のダメージも少ないので次回のリタッチブリーチでの切れ毛を防ぐ効果もあります。

また薬剤を塗る際も髪を引っ張らずに優しく優しく行う、流す時はぬるま湯、タオルドライも頭皮はこすらないなど、丁寧さを最大限意識して物理的ダメージを抑えます。

仕上がり

ここまで僕自身が行ってる頭皮がしみにくくするために行ってる事を書きましたが、それでも痛い時は痛みます

その時は全力で応援しますw

ただ無理をしすぎて後日頭皮にかさぶたができてしまったり痒くなったりする事もあるので、よほどしみる時は無理せず担当の美容師さんに相談して必要であれば途中でも洗い流すようにしましょう。

頭皮がしみないためにブリーチするにあたって事前にする事

ブリーチで頭皮がしみるのはコンディションや体調による事もあります。

特に頭皮が乾燥して寝不足や疲労もたまってると頭皮はしみやすくなります。

なのでブリーチする前日はしっかり睡眠をとるようにしましょう!

また頭皮の皮脂は保護する役割もあるので当日は朝シャンは控えましょう。

よくブリーチでしみてしまう方は前日も頭は洗わない方がいいです。

よく匂いを気にされてる方もいらっしゃいますが、おそらく全ての美容師さん全然気にしないので遠慮なくそのままご来店ください^^

以上頭皮がしみる対策についてでした!

それでは。

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ハイトーンカラーカテゴリの最新記事