カラーしながら髪を内部補修!ケアブリーチに使用するOLAPLEX(オラプレックス )を通常のカラー剤に混ぜて染めると髪がすごく良くなる件

カラーしながら髪を内部補修!ケアブリーチに使用するOLAPLEX(オラプレックス  )を通常のカラー剤に混ぜて染めると髪がすごく良くなる件

カラーしながら髪を内部補修!ケアブリーチに使用するOLAPLEX(オラプレックス )を通常のカラー剤に混ぜて染めると髪がすごく良くなる件

こんにちは、最近お客様の前でお腹がなるのが社会問題化してきた名古屋矢場町美容室THE ORDERスタイリストの石川です。

今回はこのブログでもお馴染み!

オラプレックス 取り扱い 名古屋 ケアブリーチ

ダメージを抑えながら髪をしっかりと明るくしたい時の必須アイテム、ケアブリーチに使用するオラプレックスです。

そもそもケアブリーチとは内部補修力の強い処理剤をダメージの大きいブリーチに混ぜて塗布することで髪の強度を上げてダメージを防御して、洗い流した後に専用のアフタートリートメントで防御しきれなかったアミノ酸同士を再結合して柔らかい質感に仕上げます。

このようにダメージを軽減させるケアブリーチを使うことで複数回ブリーチが必要なホワイトブリーチやハイトーンカラーが可能になったんですね。

ブリーチ ダメージ ケア ダメージ防止 サラサラ 名古屋 ハイトーン 得意 上手

名古屋 ユニコーンカラー ピンク ブルー パープル 得意 上手

この素晴らしい処理剤オラプレックス

なんと

普通のパーマやカラーに使っても効果的です。

パーマやカラーにオラプレックスを使用するとどのような効果があるかというと

・ダメージの軽減 当然ダメージは軽減されます。ダメージが少ないので仕上がりのい手触りも良く感じます。

・カラー 、パーマの持ちが良くなる オラプレックスを入れて施術すると色持ちカールの持ちも良くなります。毎回すぐに色が抜けてしまう方やパーマがだれてしまう方にオススメですね。

・ハリ、コシが出てボリュームが出る ハリ、コシ、ボリュームが出ます。エイジング毛や軟毛で髪にボリュームが出にくい方は毎回の施術にオラプレックスを混ぜるとどんどんハリコシが出るのを実感するようになります。

ここで実際にお客様に施術したのをお見せします。

実際の仕上がり

まずはビフォーの状態

縮毛矯正とブリーチ履歴のあるダメージ毛、

毛先にパサつきと絡まりがある状態ですね。

今回は毛先の明るい部分に暗めのブルーの色味を入れてトーンダウンします。

カラー剤の準備

カラー 剤にオラプレックス を

入れます!!

そして髪にしっかり塗布します。

時間をおいて洗い流します。

乾かすとこんな感じに!

とっっっっっっっても艶が出ました。

もちろん特別なトリートメントはせずにブローなしで乾かしただけです。

巻いても艶感はしっかり残ります。

このようにカラー剤に混ぜて使うと見た目にも感じるくらいダメージを抑えて仕上がりも良くなります。

ちなみにこんなに優れもののオラプレックス 。

気になるお値段なんと通常のカラー料金にたったプラス1,100円(税込)です!(THE ORDERでの価格です)

ダメージを気にされてる方や、サロントリートメントをあまりしたくない方は絶対やって損はないですね。

実際に毎回カラー剤にオラプレックス を混ぜてるお客様の髪質が良くなってくのを僕自身も感じてます。

行きつけの美容室でメニューとしてオラプレックス を混ぜるケアカラーのメニューがあれば是非試してみてくださいね!

ということで今回はオラプレックス を使用したケアカラーについてのご紹介でした。

それでは!

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ヘアケアカテゴリの最新記事