リタッチブリーチで作る、ホワイトブリーチのピンクデザインカラー 

リタッチブリーチで作る、ホワイトブリーチのピンクデザインカラー 

リタッチブリーチで作る、ホワイトブリーチのピンクデザインカラー

こんにちは、誘拐犯・・名古屋矢場町美容室THE ORDERスタイリストの石川です。

日頃よりハイトーンカラーを発信してることもあって様々なケースのブリーチカラーをさせて頂いております。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

このようにデザインカラーや白に近いホワイトブリーチまで幅広いハイトーンカラー をさせて頂いてます。

今回はその中でも難易度が高めなホワイトブリーチのリタッチカラー、そしてピンクのデザインを組み合わせたホワイトブリーチのデザインカラー について紹介します。

ホワイトブリーチのリタッチカラー

まずは染める前の状態

毛先は複数回ブリーチがしてあってすでに白っぽい感じに抜けてます。

ただ

根元から中間はブリーチ回数が少なく明るさが足りてません。

この場合根元の暗い部分のみブリーチをする必要があります。

ただこれはかなり注意が必要になってきます。

ホワイトブリーチのリタッチブリーチをする注意点

毛先の白い部分はすでに繰り返しブリーチを繰り返しているためブリーチ剤がつくのは絶対にNG!!

しかし根元の暗い部分はしっかり明るくしたいのでブリーチをたっぷり塗って時間を長めにおく必要があります。

つまり白く明るくなってる境目ギリギリの部分まではブリーチをたっぷり塗って、毛先にはブリーチが一切つかないようにしなくてはいけない

というかなり高度なテクニックが必要になるんですね。

名古屋 ホワイトブリーチ リタッチ 上手

このように1パネルづつペーパーを貼って毛先にブリーチがつかないようにしてます。

このホワイトブリーチについては細かい塗り方や注意点を書くとブログが1記事書けそうなので今度動画付きで改めて説明しますね。

ブリーチ仕上がり

名古屋 ホワイトブリーチ リタッチ 上手

毛先に残留の色素が若干残ってますが、これはダメージを考慮して残したままオンカラーします(残留してる色素も薄いので残してもカラーの仕上がりに支障はないですしね)

名古屋 ホワイトブリーチ リタッチ 上手

ピンクのデザインを入れてベースは白っぽいカラーに仕上げる

まずはセクションでピンクのトリートメントカラーを入れていきます。

そしてベースは薄めたシルバーのカラー剤を塗布

時間をおいてピンクの色味がベースにつかないように注意して洗い流して完成です。

名古屋 ホワイトブリーチ リタッチ ピンク 上手

ホワイトブリーチのピンクデザインカラーです。

まとめ

このように難易度の高いホワイトブリーチもリタッチのブリーチでベースを綺麗に明るくできたら根元から白っぽいホワイトブリーチにデザインを加える事も可能です。

すでにホワイトブリーチをされた事がある方は、その次のカラーで根元から綺麗に色が入らず結局暗めのカラーに戻してしまうという経験もあるかと思います。

しかし折角明るく染めたカラーは長く楽しみたいもの。

なのでホワイトブリーチをされてる方で次のカラーをどうするか悩まれてる方は是非僕にお任せ下さい!

それでは^^

 

 

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ハイトーンカラーカテゴリの最新記事