明るさ、ダメージによってブリーチの塗り方をかえる!どんなに根元が伸びてても綺麗に均等に染めるブリーチ塗布テクニック

明るさ、ダメージによってブリーチの塗り方をかえる!どんなに根元が伸びてても綺麗に均等に染めるブリーチ塗布テクニック

こんにちは。

THEORDERの石川です。

先日ちょっと奮発していいお値段のする服を買いまして

このネイビーのトップス。

お気に入りでルンルンで仕事してたんですけど、速攻でブリーチ剤を付けてしまい泣きそうになりながら(というかすこし泣きながら)買ったばかりの服を捨てました。

綺麗な仕事を心がけよ・・

そんな感じでほぼ毎日ブリーチを使ったハイトーンカラーをさせて頂いてますが、今回はブリーチを使う時の僕なりのこだわりを書いてみようと思います。


明るさ、ダメージによってブリーチの塗り方をかえる!どんなに根元が伸びてても綺麗に均等に染めるブリーチ塗布テクニック


昨日ご来店頂いたお客様

3ヶ月前にブリーチオンカラーして根元が結構伸びていますね。

今回は根元の黒い部分を馴染ませて更に毛先もすこし明るくして艶のある綺麗な北欧風ブロンドにします!!

ただここまで根元の黒い部分が伸びてると根元は強力なブリーチが必要になってきます。

そこで使うのがこちら

ミルボン アディクシーハイブリーチ

通常のブリーチよりも色素がしっかり取れます、ただその分髪への負担も大きいのが特徴です。

ここで注意しなければいけないのは

毛先のすでにブリーチをしてあるダメージ部分に強い力で脱色させるハイブリーチをつけるのは絶対NG!!!

です。

これを怠ると毛先は切れ毛枝毛のオンパレードでブロンドどころではありません

なので毛先には絶対にハイブリーチがつかないように一工夫

根元を塗布したらスライスごとにペーパーを貼って毛先にハイブリーチがつかないようにします。

こうしておくと放置中でも根元についてるブリーチ剤が毛先についちゃう事は防げますからね。

ここでひとまず時間をおいて毛先の明るさに馴染むまで時間をおきます。

そして今回は毛先も少し明るくしたい!!

ただ先程も触れた様に毛先に強いブリーチは絶対にNG。

そこでこいつの出番です

ミルボン アディクシーローブリーチ

ハイブリーチと違ってブリーチ力を抑えてあるブリーチ剤です。

ゆっくりと優しく且つしっかりと髪の明度を上げていきます

そして

オラプレックス

OLAPLEX

混ぜて使う事によって髪の強度を高めつつブリーチ力にも支障を出さない最強の処理剤です!!

根元のハイブリーチにも入れましたけど、毛先にはたっぷり入れてダメージを徹底ガードします。

そして毛先も塗布します。

順調に毛先も明るくなってきました。

ここで少し時間をおいてブリーチを流します

よおぉぉぉぉく見ると根元に黄味が少し残ってますが、ここはカラー剤でカバーします。

明度が均等になれば、無理にブリーチを重ねなくても多少の抜け具合の違いは充分カバーできます!!

最近のカラー剤は本当に優秀ですからね^^

仕上がりです。

綺麗に染まりましたね。

まさに北欧人風ブロンドカラーの完成です。


綺麗なハイトーンカラーはベースを作る段階でいかにダメージを抑えるか!!


これが日頃ハイトーンカラーを施術する上で心がけている事です。

髪が傷みすぎちゃうと、本当にカラーって綺麗に発色しないんですよね。

オンカラー前のベース作りは大事です!

なのでブリーチを行う時は最新の注意を払いながら行ってますね。

そうは言っても処理剤や薬剤の進化でハイトーンカラーもひと昔前に比べると出来る幅は広がりました。

 春になった事ですし明るめカラーもどんどん挑戦してみましょう。

それでは良い週末をお過ごし下さい^^

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ハイトーンカラーカテゴリの最新記事