明るめのカラーで部分的に色味を入れる逆インナーカラーについて

明るめのカラーで部分的に色味を入れる逆インナーカラーについて

明るめのカラーで部分的に色味を入れる逆インナーカラーについて

こんにちは、名古屋矢場町美容室THE ORDERスタイリストの石川です。

いよいよ今日から8月ですね

今年は遠出したり派手に遊んだりしにくい風潮ですが、せっかくの夏!そして夏休み!お盆休み!!

せめて髪色だけでも明るくして気分を上げたくなりますよね。

今回はそんな気分を上げたいときにオススメ!

明るめのベースで部分的に色味を楽しむインナーカラーについて紹介します。

逆インナーカラーとは

耳上や頭の後ろの下に部分的に色味を入れるインナーカラー

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

このようにベースは暗めでインナーを明るく染めて色味を入れるカラー。

ぱっと見は暗めに見えるので、明るく派手なカラーは出来ないけどポイントで色味を入れてオシャレを楽しみたい方や、巻いた時や外はねにした時に裾の部分にビビットで明るいカラーを目立たせたい場合にインナーカラーは有効です。

そして今日の本題!

最近は先ほど紹介したのとはちょっと違ったインナーカラーも増えてきました。

それがベースは明るく、インナーに濃い色味を入れる

逆インナーカラーです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

石川 治(@ishikawa036)がシェアした投稿 –

このようにベースが明るめで濃い色味を入れることでインナーの方が暗く見える逆インナーカラー。

インナーの色味はピンクやネイビー、グリーンなどお好みに合わせた色味を入れるといいと思います。

逆インナーカラーはこんな方にオススメ

ベースが明るいインナーカラーはもともと全体を明るくしてるハイトーンの方やあまり暗くせずにインナーカラーしたい方にもオススメです。

インナーのカラーも色残りしにくい薄めたトリートメントカラーや明るめのアルカリカラーで色味を入れると、次回のカラー にも差し支えない程度に楽しめますよ。

ずっと髪を明るくしてたけど何か変えたい方や、いつも同じ感じのカラーになってしまってマンネリしてる方は試してみてはいかがでしょうか?

それでは!

登録無し!24時間簡単ネット予約

CTA-IMAGE 会員登録不要の簡単ネット予約はこちらからどうぞ

ハイトーンカラーカテゴリの最新記事